知っておくべき、失業保険の手続き方法など

失業保険とは、失業給付金をもらうための保険のことなのはご存知ですよね。

在職中に雇用保険に加入していた場合は、退職をしたときに
失業保険(失業給付金)をもらうことができます。

でも退職をすれば誰でももらえるということではないので注意していただきたいです。

失業はしたけれど、今後もまだ働く気持ちでいる方にだけもらえるのです。

また雇用保険被保険者証と離職票が失業給付金の手続きの際に必要になります。

次に自宅の住所の管轄のハローワークに行き
求職の申し込みをしてください。手続きを行うと、雇用保険受給者説明会に出席します。
指定の日時(約7日後)に必ず出席してくださいね。

その後、求職の申し込みを行った日から数えて、約4週間後に、
第1回目の失業認定日がくるのです。

指定の日にハローワークに行って認定を受けてもらう事になりますが、
その後も4週間に一度、失業の認定を受ける必要があるので忘れずにいてくださいね。

会社から会社都合による退職だった場合の流れです。

自己都合による退職の場合は、3カ月間の給付制限があるのが違いです。

第2回目の失業認定は、第1回目の認定日から3カ月後になるので注意して下さい。

その後の流れ場会社都合の退職と同じく、4週間に一度の失業認定が必要になってきます。

失業給付金は定められた期間だけ給付されるもので、ずっと貰えるものではないことを
しっかりと頭に入れておきましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


看護師転職サイト人気ランキング