失業手当を受け取る時の注意点

もし、失業という事態になってしまった時、
やはり失業手当は心強い味方になるはずです。

失業手当は、次の仕事が見つかるまでの生活のためのものであり、
次の職を一生懸命探して欲しいと思います。

しかし、頑張っている人がいる中で、
そうでない人も少数ながらいるようです。

しかし、そのような人は後になって後悔することになるので、
注意した方がいいですよ。

例としてはこのような人たちです。

失業手当をもらうのは当たり前で、
支払われている間は遊んで暮らしている人。
給付が終わってから仕事を探せばいいかと思っている人。
また、手当をもらっているほうが、働くより得だと思っている人。
この機会を利用してゆっくり休もうと思っている人。
そんな方は、書類選考の時点でアウトになる率が高くなるので注意してください!

会社側はちゃんとあなたの事を見ているのです。

なぜなら失業してから時間があるのに仕事が決まらないのは何か能力的にあるのではないか?
仕事を離れている期間が長いので、今からの仕事にすぐに対応できないのではないか?
根本的に働く意欲が見られないのではないか?

などというような疑問を持たれてしまうのです。

会社側が、どのように考えるのかをキチンと考えた上で、
これからの自分の行動に責任を持つべきだと思います。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


看護師転職サイト人気ランキング