35歳を過ぎてからの転職活動はどう?

35歳以上の転職というのは実際問題かなり難しいようです。
転職活動に向いているのはやはり20代後半まで。
それ以降はやはり採用側がどうしても欲しくなる理由が必要なようです。
それもやはり、35歳以上になると年収面でも問題が出てきます。
それなりのポジションと年収を確保しなければならなくなり、
採用側もいろいろ考えるようです。
しかし、35歳以上の求人も存在します。
それは的を絞った求人内容の場合が多いようです。
今いる社員が辞める場合などは、そのポジションにあった、
あるいはそれ以上の能力を持った即戦力になる人材を求めているのです。
「求めている人物像」がはっきりとしていて、
それ以外の人材はいらないというような感じです。
やはり企業側もシビアなのようです。


そこで35歳以上の正しい転職の方法をあげてみますと、
ベテランに強い人材紹介会社を利用するなどや
信頼できるエージェントやヘッドハンターに頼ることも大切になります。
取引先や知人などからのヘッドハンティングも確実な転職に繋がります。
この場合はこれまでのプロセスや人間性に重点を置かれる事が多いようです。
将来に繋げるためにも35歳以上の転職は、誇れるような業績や売りとなるような
キャリアを積んでいく必要があるようです。
20代のうちからその準備が必要であると言えると思います。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


看護師転職サイト人気ランキング