退職するときの社会人としてのルールは?

退職というのは人生の中でも大きな決断ですよね。

それゆえにいろんな気持ちの変化があると思います。

本当に退職を決めていいのかといろいろ悩んでしまって人に

話を聞いてもらいたくなるかもしれません。


気持ちも重くなって仕事が思うように進められなくなることもあるでしょう。

気持ちが入らなくなってミスをすることもあると思います。

しかし、そこは社会人の常識として気持ちをしっかりもってください。

そして退職すると決めたとしても人にペラペラ話すのはルール違反です。


とりあえずあなたのすべき事は、自分の退職の時期は人に話さずにいてください。

提出しているのが「退職願い」の場合は気をつけなければなりません。

「退職願い」は完全に退職が決定していないので、人に話したりするのは避けるべきなのです。


もしも正式に受理されなければ困るのはあなたなので、

自分のためにもここはぐっと我慢して話さない方がいいですね。


また、仲の良い先輩などが身近にいたとしてもその先輩に相談するということも

避けた方がいいです。というのもまず退職の話をするのは今の部署の

直属の上司にすべきだからです。

同僚にも仲がいいからといって休憩時に話をするのも後から困る事になるかもしれません。

同僚も悪気がなくてもうっかり話してしまう事もあるかもしれませんし、

そんな時に責められませんよね。困るのは自分なのです。


もし退職の理由が親の介護や結婚などという場合は、仲のよい同僚くらいには

少し話すことはいいかもしれませんが、会社に不安や不満がある。。。といった場合は

話をしないほうが絶対いいです。

これから仕事を続けていく同僚の気分も良くありませんし、

避けるべきです。


退職する場合は、しっかりと社会人としてのルールを頭に入れながら

責任を持って行動しましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


看護師転職サイト人気ランキング