引継ぎの大切さ

正式に退職が決まったとしたら、次にやるべきことは業務の引継ぎです。

きちんと引き継ぎ作業を進めていかなければ、会社に迷惑をかけることはもちろん、

取引先などにも迷惑をかけてしまうことがありますので、注意してください。


そして自分自身も気持ちよく退職するためには、引き継ぎをしっかりした方がよいはずです。

辞めてしまう会社と思わずに、これからも会社を通じてできた人間関係をうまく保つためにも

重要になるのが、引き継ぎなのです。


これらのことは自分で決めるのではなく、上司にも相談しつつ

引き継ぎ作業を進めた方がいいようです。


仕事の流れを把握している上司の方が誰にどの仕事を引き継ぐべきかを

的確に指示してくれるはずです。

「とりあえず誰かに引き継ぎを。。。」と考えるのではなく、

上司に相談しながら仕事の量も考えて引き継ぎすべきなのです。

そして会社での引き継ぎが終わったら、

引き継ぎをした同僚と一緒に顧客や取引先へ挨拶をしにいきます。

会社によってやりかたはさまざまだと思いますが、

これからのためにも挨拶は行った方がいいようです。


もし行かなければ、退職時の自分自身の気持ちもあまりいいものではないでしょう。

もしかすると次の職場でも関係してくるというケースもありますし、

できることはきちんとすべきです。


これからの自分のためにも、そして退職する会社のためにも

良いスタートを切るために、ちゃんとした形で引き継ぎ作業を進めてください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


看護師転職サイト人気ランキング