退職したあとに必要な健康保険の手続きは?

会社を退職するとなると失業保険の手続きが当然気になるので、
そればかりに気を取られがちですが、その他にも重要な手続きがあるのを知っていますか?
それは失業保険と同様に重要な健康保険です。
ついつい忘れたり、知らない人も多いようですが、
健康保険は、退職と共に機能を失ってしまうのです。
それまでは、健康保険に入っていれば自己負担3割で病院かかることができたはずです。
しかし退職した次の日から医療費が全額自己負担になってしまうのです。
これは気をつけなければ多額の金額を医療費として支払わなければならないケースがでてきてしまうのです。
また気をつけなければならないのが、退職日が月初めだった場合です。
月初めの退職の時は、健康保険が日割りで計算されるのです。
とって退職した翌日以降は、健康保険が一切使用できないのです。


これらも新しい職場が決まっていたら、次の職場ですぐに健康保険に加入すれば心配ないですね。
すぐに手続きしておけば安心です。
しかし、次の職場が決まっていなかったりすると健康保険に入っていな状態が続く形になるので
怪我をした時や、病気になった時は病院にかかると全額自己負担になります。
独身で1人なら自分だけの事で少しの我慢ですみますが、
結婚して家族がいる場合などは、子供の事にも関わってきます。
なのでどんな時でも健康保険だけは加入しておいた方が安心ですよ。
国民健康保険に加入する手もありますし、
任意継続保険者になったり、被保険者になったりといろいろ方法はありますので、
自分にあった形で保険に入っておく事をお勧めします。
この形であれば自己負担3割で病院かかることができるのです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


看護師転職サイト人気ランキング