勤務先で起こりうる適応障害

適応障害という言葉を聞いた事はありますか?
こればストレスなどが原因で精神的や肉体的に不調が起こる事です。
間違われがちですが、うつ病とは違うので注意してください。
症状としては、不眠や不安感がある、食欲不振などさまざまです。
もし転職して3ヶ月以内にこのような症状が出てきたなら、新しい環境や
人間関係などが原因となっていると考えられると思います。
そうなったら一度専門の病院でみてもらってください。
安易に考えずちゃんと病院で判断してもらうといいでしょう。
症状が強ければ、薬ももらえますし、その状況によっては
自宅で療養するようにと言われます。


原因となるストレスを取り除けば改善される場合があります。
一番いいのは、そのストレスの元となっている会社を辞めると良くなることがあります。
仕事をしているというストレスを無くせば、徐々に良くなっていくはずです。
簡単に仕事を辞めたり、転職というのも難しい状況の方も多いはずです。
そうなるとストレスを感じながらも今の会社で働くしかなくどんどん状況を悪化させてしまうのです。
海外のようにもう少し、大変な思いをせずに転職できるような環境にあればいいのですが。。。
アメリカなどは労働の流動性が高いので、転職の意味も日本と異なり
ある意味職を変えやすいので、ストレスを感じながら仕事を続けるということも少なく、
うつ病などの人も少ないようです。
いろいろな状況が考えられますが、人生は一度きりなので、
辛い我慢はし続けず、転職をあたらなステップと考えて
今の状態を変えるのも一つの手かもしれません。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


看護師転職サイト人気ランキング