最終面接まで進んだ時の他の転職活動のすすめ方

なんとか最終面接まで残ることできた場合は、
他社への応募はこのまま進めるべきでしょうか?
それともいったんストップするべき?
これは悩む所ですよね。
でも転職活動を進めていくなかでこうゆうことは良くあるようです。
結果が出るまでかなりの時間を要する場合もありますし、
これは会社によっていろいろ違います。
第一志望の会社に最終面接まで残れて嬉しくても
この次にダメになってしまうこともありますし、
リスクを考えると次の会社へ。。。と思うでしょう。
しかし、できるならとりあえず他の会社への応募はストップした方がよいと思います。
一社に絞るとそこに受かりたいという気持ちが高まりますし、
面接でもその会社への思いを自信をもって伝える事ができるはずです。
絶対に受かる!という強い信念のもとで面接を受けるといいと思います。


しかし、もし最終面接まで進んだ会社が本命ではなかった場合は
他の会社へ応募してみるのもいいと思います。
やはり働きたい会社に受かるほうが絶対いいですし、
実際働きだしてからの力の入り方が違います。
しかし、仮に内定通知がもらえた場合には、
数日から、1週間程度しか返事を保留することは出来ないはずなので、
どの会社を優先にすべきかは自分の中ではっきりさせておくべきです。
どの会社も捨てがたい。。。と思っていると
すべき時にすべき行動ができないと思うので、
自分の中での順位を明確にしておくといいと思います。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


看護師転職サイト人気ランキング