退職後の転職活動をするということはどうなのか?

転職活動を始める時期を決めるのはなかなか難しいですよね。
今の仕事を続けながら転職活動をスタートする場合と、
会社を正式に退職してから転職活動を始めるという人も多いと思います。
しかし。。。退職をしてから転職活動をするといのは
良い点も多くあるのですが、反対に良くない点もいろいろあります。
良い点をあげますと、
転職活動のためにいろいろしなければならないことが多い中で、
時間の制限がなく自由に動くことができるという点です。
面接などを設定されても先方の指示に自由に合わせる事ができるし、
事前の準備などにもゆっくり時間をとれるので、
調べものをしたり自分のなかでの準備を整えることができます。


また実際に転職先が決まって入社時期を設定されるときも
臨機応変に対応できるので、転職先にもいいイメージを持ってもらえるはずです。
「すぐにでも即戦力になって働いて欲しい!」というような企業からの思いに
答える事ができるのが、退職してからの転職活動でしょう。
しかし、退職した後に転職活動をいざはじめてみても
なかなかすぐには転職活動が見つからず、自信がなくなってくるというケースもあるようです。
退職するまで転職サイトなどで情報収集していて、
退職後も転職先は数多くあるはず。。。と思っていても
いざはじめてみるとあまり無くなってしまったということもあるようですし、
世の中の動きは速いので自分の転職へのモチベーションを継続することが
大変になってしまいます。
そのせいなのか転職活動をするのは、
大変ながらも仕事をしながらする方が成功しやすいようです。
でも自分にあった転職活動方法があるはず。
自分の環境や考え方を整理した上で自分に最適な転職時期を見極めることが大切です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


看護師転職サイト人気ランキング