失業期間が長くなっている場合の面接での良い受け答え方はある?

退職し転職活動に入ったけれどなかなか思うように進まずに
思っていたよりも長い時間転職活動をする場合というのがあります。
失業給付金をもらえる期間も終わり、
収入がない状態が続くと精神的にも金銭的にも
苦しい状況で、かなりの負担になってくるでしょう。
ではなぜ転職先がうまく決まらなかったのか考えてみましょう。
面接まではいくのに採用までには達しない、待遇が希望通りでない、
自分の望む仕事内容の求人がなかなかない、などという理由で
転職先が決まらない場合が多いようです。
やはり転職するからには以前の仕事よりも
より待遇がよくて、収入面でも以前よりアップを望むと思います。
またやりがいなども求めると思われますし、
今までよりもランクアップしたものを希望されるはずです。


しかし、希望を追求しすぎで失業期間が長くなればなるほど、
転職希望する会社への印象はあまり良くなくなってしまいます。
そこで失業期間が長くなってしまった場合は
失業中にどのように毎日を過ごしていたかが大切になってきます。
研修やセミナーなどに参加していた、またはスキルアップのための
スクールに通っていたりすれば採用する側からすれば
働く意欲を感じてもらえるはずです。
なので「いろいろ受けたがすべて不採用だった」などというような話は
避けた方がいいでしょう。
採用側によくない印象をもたれてしまいます。
失業期間がすぐに終わるか、伸びてしまうかは実際転職活動をしてみて
後からわかるものなので、もし長くなってしまうことを想定した上で
自分に今できることを実践すべきです。
よって転職活動もうまく進みよい結果が得られることでしょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


看護師転職サイト人気ランキング