仕事をしながらの転職活動のメリットとデメリット

現在は転職は決して珍しいことではなくなっていると
思いませんか?
それは、終身雇用制度が崩壊してきているとも言えると思います。
昔のように一つの会社で定年まで。。。という考えはなくなり、
自分のよりよい働き先を求めて転職活動している人が多いのが現状です。
ゆっくり転職先を見つけようと退職してすっきりしてから
転職活動を進める人もいますがそれもうまく次の仕事が見つからない場合は
金銭面や精神面で支障がでてくる恐れもあります。
しかし、仕事をしながらの転職活動にもメリット、デメリットがあります。
メリットとしては、仕事をしながらの活動になるので、
仕事への意欲を保ちながら次の仕事を探す事ができて、
実際仕事が決まった時もスムーズに次の会社へ気持ちを移す事ができるようです。
しかし、在職中なので時間のやりくりが難しく思うように転職活動ができないおそれがあります。


平日にも休みがある仕事ならいいのですが、
有休をとって転職先に面接に行くということが続くと大変です。
また最終面接で「実際に通勤できるのはいつごろか?」と問われた場合、
在職中であればすぐに返答するのが難しいでしょう。
もし退職願を出しているのであれば、退職日が決定していて
返答することもできるかもしれませんが、
まだ退職が決定していないのであれば、
転職先にも退職先にも迷惑がかかってきてしまいます。
なのでできるだけ双方に気を使い、スケジュールも考えながら
転職活動を進めるべきですね。
気持ちよく新しい仕事をするためにもこれは必要なことと言えます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


看護師転職サイト人気ランキング