業界・業種別の転職市場の状況はどうか?

転職経験者というのはいったいどの業種に多いと思いますか?
データからすると小売り・外食産業が多い事がわかってきます。
その理由としましては、他の業種と比べてみても会社独自の特色があるようで
待遇面にもかなりの差がでてくるようです。
そこに関しての不満がでて転職を考え行動するのだと思います。
たとえば、給与に関する不満や評価、昇進が思うようにならない、
また不規則な勤務体勢も不満の理由のようです。
お客様相手の外食産業は特に時間も不規則であり、
過酷な労働条件のところもあるようです。
そうなると現状よりもよい待遇をもとめて職場を探す人が出てきます。
求人も多いので転職に成功する人も多いのではないでしょうか。
またそれ以外では、介護、福祉系が転職経験者が多いと数字に出ています。
介護福祉士やヘルパーの資格を持っていると転職活動にも有利ですし
自分のステップアップを目指した転職ができる
業種になると思います。


その次に転職経験者が多いのがクリエイティブ系。
ネット関連、デザイン業種などもあります。
自分のスキルを高めるためにも、自分の感覚にあった職場を求めて
転職する人が多いのが特徴でしょう。
逆に、転職経験者が少ないのは、教員や技術系になります。
やはり安定していて給与もそれなりによいということも関係しているでしょう。
やはりそれぞれの業種によっての特徴の違いで
転職経験者の数も変わるようです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


看護師転職サイト人気ランキング