仕事の内容の確認はしっかりすべき

転職するとき、次の会社ではどんな内容の仕事になるのかを
事前にきちんと確認しとくほうがよいと思います。
でないと仕事を始めてから思った仕事と違うというようなことになるからです。
確認せずに自分で勝手に想像していて、現実の仕事の内容が大きく違ってくると
我慢ができなくなってしまい、仕事も嫌になってしまいます。
そして仕事も手に付かない。。。というようなケースもありうるのです。
そこで大切なのは、面接の時などに具体的な仕事内容をしっかりしておきましょう。
どのような部署に配属されるか、上司はどんな人かなど細かく確認しておくと安心です。
ここをちゃんと抑えておけば実際の仕事とのギャップも少なくなり、
新しい仕事へスムーズに対応できるはずです。
転職を失敗させないためにもここはしっかりとしておきましょう。


企業側も早く人員を確保したいためにヒアリングが十分に行われないケースがあり、
お互いの気持ちの疎通ができていないという状態になってしまいます。
そんなことにならないためにも積極的に質問してみましょう。
もし「具体的な仕事内容については入社後にします」と言われてしまったら、
それは問題です。
企業側は自分の会社が出している求人なのですから、
きちんをした説明をすべきですし、そんな人事担当者がいる会社は
少し疑問に思った方がよいでしょう。
会社のいいように事が進んでしまう可能性もありますから、
後で後悔しないためにもしっかりと確認作業はしておいてくださいね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


看護師転職サイト人気ランキング