企業が欲しがる人材はどんな人なのか?

どの会社においても優秀な人材を常に必要としています。
大きなお金を払ってでも欲しいという企業もあるくらいです。
大勢そんな人材がいたとしてもそれで十分というわけではありません。
いればいるだけいいのです。
そんな会社側が必要とする人物はどこへ行っても必要とされます。
ではそんな人材というのはどんな人なのでしょう?
会社にとって魅力的な人物とはどんな人なのでしょう?
会社は面接などにも力を入れますが、
まずは書類選考をしてふるいにかけていきます。
そこでポイントとされるのは年代によって異なるようです。
20代前半ではれば、まだまだ実績には乏しいのは当たり前。
なので学歴や会社名に重点をおいて判断するようです。
人物像はその後の面接でしっかり見極めます。


20代後半になると実績も問われるようになってきて、
前職の職歴に重点を置かれるようになります。
30歳以上は、学歴はほぼ必要なくなり、
過去の実績などで面接まですべきかを判断します。
35歳以上だとヘッドハンティングなどや人脈から
転職に至るケースも多くあるのです。
もちろん、ヘッドハンティングがかかるような人は
ほんの一握りでもありますがはやり少数はありえる話です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


看護師転職サイト人気ランキング