大卒看護師は就職に有利

日本国内における看護大学の数は増加傾向にあり、それと共に大卒の看護師の数も増えています。
看護師資格というものは、もともと就職に有利となる上に、さらに看護大学を卒業しているというのならば、
普通の一般大学とは比較にならない位、圧倒的に就職率は高くなっています。

多くの看護大学では提携している病院を持っていることからも、就職も決まりやすくなっていますし、
そうでなくても大卒の看護師であれば、就職に苦労することはないはずです。

 

実際の医療の現場では、看護師は常に不足している状態であるため、
看護師資格を持っていることは大きな強みになり、それほど苦労せずに就職先は見つかります。
しかも大卒であったならば、より採用される確率は高くなります。

大卒の看護師では、ほとんどの人が正看護師の資格を持っているのではないでしょうか。
正看護師は、准看護師に比べても豊富な知識を持ち、かつ研修を重ねているため、
現場において、より求められている人材なのです。

これらのことにより、大卒の看護師は立場的にも自分で就職先を選ぶことができるはずなので、
就職先は安易に決めることなく、
環境や待遇・給与・長く働くことができそうな職場かどうかなどを、
シッカリと検討した上で決定するべきです。
学校の提携病院だから・・・とカンタンに決めてしまうと、後で後悔することにもなりかねません。
自分の未来予想図と照らし合わせて考えてみてください。

看護師として一番最初に働く職場というものは、
自分が一生携わるであろう『看護師』という職業の基礎となる場であり、
そこで培った知識が、その後もずっとアナタの看護師人生に影響を及ぼすはずです。
せっかく看護大学を卒業しているのならば、
是非とも自分の希望・理想を明確にして、慎重に就職先を決めるようにしましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


看護師転職サイト人気ランキング