看護師の平均的な待遇と年収は?

看護師の求人を探す際に、待遇が気にならない人はいないはずです。
では、今現在の看護師の平均的な待遇とは、どのような状況になっているのかを、
ここで、ご説明しておきたいと思います。

新卒看護師の初任給は、一般的に25万円程度になっています。
看護師は比較的、他の業種よりも給与額が高い傾向にあり、
新卒で25万円ももらえる職種は、極めて少ないはずです。

新卒だけでなく、看護師全体の給与額で見ると、33万円程度となっています。
どちらの額も、あくまでも平均値ではありますが、
やはり他の職種よりも、全体的に高額が提示されていることは明らかです。

さらに看護師には、様々な勤務手当が付くので、
実際の給与額は、さらにプラスになります。

例えば夜勤手当。
入院病棟がある病院では、看護師は24時間、患者さんの管理をしなくてはならないので、
夜間勤務が必要となります。
この手当も高額なため、看護師の給与額は他業種よりも高くなるのです。

休日休暇については、看護師は休みが少ない印象がありますが、
最近では、キチンと休みを取るように指導している病院が多くなっています。
ほとんどの病院が、週休2日制度を採用しているため、
昔と違って、看護師もシッカリと休めるようになりました。

勤務形態については、多くの病院が3交代制をとっています。
8時~17時までの日勤勤務、
17時~1時までの、準夜勤勤務、
そして、1時~9時までの深夜勤勤務、
これらが一般的な形態です。

勤務時間の平均は9時間。
もちろん、残業になってしまう場合もありますが、
これは、他業種であっても変わりはありません。

以上が、現在の看護師の一般的な待遇となっていますので、
求人を探す際の参考にしてみて下さい。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


看護師転職サイト人気ランキング