我慢できない

看護師、医療現場の耐えられない現実!!あなたは大丈夫?

 

入社3年目の友人から電話がありました。深刻そうな相談の内容だったので会うことにしました。彼女の仕事は医療の現場で働く看護師です。

大学を卒業して初めての一人住まいの彼女は毎日電車で職場まで通っていました。入院患者さんもいる病院だったので夜勤明けなのか少し疲れた顔で待っていました。

話の内容は病院の勤務内容でした。入社当社から感じていたのは人手が足りていない病院だと思っていたようです。

夜勤が終わってやっと帰れると思っていたら、先輩看護師から仕事の依頼を押し付けられて断れず業務をしていたのです。

しかも週3回の夜勤明けの日に限って業務が忙しく真面目な彼女は仕事を受けていました。そんな業務が2年程続いたある日、彼女の体調が崩れてしまって職場を休みがちになっってしまいました。

それでも頑張って日々の業務はこなしていると言っていました。日勤でも夜帰りが遅く、疲れが貯まると食欲も無くなってきて料理を作る気がしないようです。食事内容もお粗末なものです。当然体力は落ちてしまいます。

医療現場の最前線で働く、看護師が心身ともに病気寸前なんてシャレにもなりません・・・。

ですが実家も遠いので手伝いに来てくれる親も側にはいません。彼女の両親は看護師になった時とても喜んでくれたようです。なので、仕事を辞めてしまったら親をガッカリさせてしまうと言っていました。

しかし、憔悴しきった彼女をみると心配になりました。入社したら、「3年は頑張って努めなさい」と廻りには言われているようです。でも、それって本当に正しいのでしょうか?

彼女の中でもキャリアを積んで他の病院に転職をしようと思っているようですが今の時間では他の職場を探す時間もなかなか取れないようです。

また、悩みは業務内容だけでなく、人間関係でも問題があると言っていました。病院の中では女性が大半を占めているので日常的に問題は起きているようです。

あんなに学生時代に活発だった友人が人が変わったように憔悴しきっていた姿をみて辛くなりました。もう限界ではないだろうかと思ってしまいました。

確かに、ひとりで転職活動をするには、日常業務が忙しくて大変です。でも看護師専門の転職支援サービスがあるから使ってみたらとアドバイスしました。登録は5分もあれば出来るし、あとは転職支援サービスのスタッフに任せて新しい職場をみつけるだけだよと伝えました。

彼女はスマホの携帯からスグに登録を済ませました。少し声が、昔の彼女に戻ったような気がしました。あなたは大丈夫ですか?

心身共に疲れ果ててしまう前に、とりあえず登録だけでもしておいた方が未来があると思いますヨ。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


看護師転職サイト人気ランキング