注意

看護師の残業時間と収入はどのくらい?看護師が働く職場環境の実態

看護師には残業が付き物だと言われていますが、一体、どの程度の残業量なのか、気になるという人も多いのではないのでしょうか!?。

どんな仕事であれ、多少の残業は仕方のない事かもしれないけれど、あまりにも残業が多い職に就くのは躊躇われる・・・という気持ちにも頷けます。

基本的に看護師という仕事は、毎日のように残業がある職業です。中には、時間通りに終われる職場も一部例外的にあるかもしれませんが、大体の場合が時間通りには終わる事はできません。

たとえ自分の勤務時間が残りわずかだったとしても、ナースコールが鳴れば患者さんの所へ飛んで行って対応しなければなりませんし、そうなると、必然的に残業となってしまうようなケースがほとんどです。

その他にも・・・

次の時間帯に勤務する看護師との引継ぎが長くなってしまい、残業となってしまう事もあります。

また看護師には、絶対に他の人に代わってもらうことのできない残業というものもあります。

それは担当する患者さんが亡くなった時です。このような場合には、ほとんどの病院で交代が不可能なケースが多いため、これについては、どうしても仕方のないことなのだと理解しておく必要があります。

では、残業といってもどれくらいなのか?

看護師の残業時間は、平均して1日当たり1~2時間。もしかすると、残業の多さに驚く人もいるかもしれませんが、看護師として働くのなら、それくらいがあることが一般的です。OLや男性社会人だと1日4時間ほど残業しているケースも良くあるので、看護師の残業時間は少な目といえるかもしれません。

もし、どうしても残業が嫌だという人がいたならば、看護師よりも医療事務などの方がお勧めです。

看護師が働く職場環境の実態

看護師の資格を持っていれば、就職に困ることはないと言われています。

しかし、就職が出来れば全て良し、という訳にはいかないでしょう。良い仕事をするためには、実際に働くその職場の環境的なものが重要なポイントとなってきます。

では看護師が働く現場となる職場の環境とは、一体どのような様子になっているのでしょうか。

環境は職場によって様々ですし、働いてみないと分からないことも多いと思いますが、以前よりも少々厳しくなってきているというのが現状です。現在は、看護師の数が不足気味なこともあり、、ひとり当たりが受け持つ仕事の負担が大きくなってきています。

仕事量は変わらず、もしかすると以前よりも多くなっているかもしれないというのに、看護師の数が足りないというのなら、仕事が終わらず残業になってしまうのも止むを得ないことです。

アンケートを取った結果、1ヶ月に40時間以上の残業をしているという看護師は16%もいました。

有給休暇についての結果を見てみても、通常であれば、看護師は10日以上の有給休暇を取ることが出来るはずなのに、実際に有給を使ったことのある人は全体の19%という、大変少ない結果になっています。

では、なぜ有給休暇を使わないのか?という質問をしてみると、どうやら、職場の都合によるものが大きいのでは・・・という印象を受けます。

  1. 人手が足りないため、有給休暇を取りづらい雰囲気がある
  2. 有給休暇を取ろうとすると、明らかにイヤな顔をされる
  3. 職場が有給休暇を取らせてくれない

アンケートでは、以上のような回答が得られました。

これらの結果を見てみると、看護師の職場環境が良いとは、お世辞にも言えないことは明らかです。それでも、看護師資格とは有利に働くことが多い魅力的な資格であるため、看護師を目指して頑張っている人も大勢いるのです。

一般的な看護師の休日のサイクル

看護師として働きたいと思っているのなら、休日が不規則だということを理解しておく必要があります。学生や一般的なOLと違い、毎週末が休日というわけにはいきません。

看護師の休日について正しく理解をしておかないと、後々キビしく感じてしまう事もあるでしょう。

通常、看護師の休日は週に2日です。「週休2日」というと、他の仕事と何ら変わりがないように思えますが、看護師の場合には「休みは毎週○曜日」と固定する事が出来ません。

勤務形態が不規則であるため、日勤と夜勤を取り混ぜて勤務を行い、その間に休日が入るというような形になります。

例えば、3日続けて日勤を行った後に1日休み。次に夜勤を2日行って、また1日み。そして、その後はまた日勤から始まる…というようなスタイルです。

しかし、これは2交替制の場合の例であって、3交替制の場合には病院に泊まり込むようなケースもあります。泊まり込みの勤務を行った後には、丸1日休める場合が多いのですか、多くの看護師が疲れを取るだけで休みが終わってしまっている、というのが実情です。

看護師の仕事は激務であり、更に不規則な勤務形態のため、自分で自分の健康管理をしっかりと行わないと、体調を崩してしまう恐れもあるため、どうしても仕方のないことかもしれません。

2日間連続で休みがあるのなら、もっと色々と楽しめるのでしょうが、そのような休み方ができる看護師は、ほとんどないはずです。

看護師として働くのなら、自分が勤務する病院が、どのようなサイクルで休みを取れるのかを、きちんと確認しておくようにしましょう。これは後々のストレスの溜まり方にも影響をしてくるので。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


看護師転職サイト人気ランキング