あとで後悔しないための円満に退職するまでの注意点

当然の事ですが、
転職を行う際には、今までの職場を退職する必要があります。
退職までの手続きや引継ぎがキチンと出来ていなければ、
今までの職場はもちろん、新しい職場へも迷惑を掛けてしまう可能性もあるのです。
そこで、退職までのポイントをまとめてみました。

会社によって違いはありますが、
一般的には退職の1ヶ月前までには、退職の意思を会社側に伝えておくべきです。
働きながら転職活動を行なっていると、突然採用が決まって慌てることもあるかもしれません。
せっかく決まったのに、今までの職場を辞められないのなら本末転倒です。

そのような事態も想定しながら、スムーズに職場を移動できるように、
退職日については早めに申告を行い、慎重に調整をしておく必要があります。

仕事の引き継ぎも、確実に行うようにしてください。
自分の受け持っていた全ての仕事の引き継ぎを行なって、
初めて、その職場での仕事をやり終えたことになるのです。
退職に引け目を感じる必要は全くありません。
今までお世話になった会社だからこそ、
迷惑を掛けないように、しっかりと引き継ぎを行うべきです。

そして、職場に返却しなくてはならないものも、
漏れなく全て用意するようにしてください。
制服・社員証・IDカード・名刺・名札・制服・健康保険証など、
退職日当日にならないと返せないものもありますが、忘れることなくシッカリと返却をします。
特に制服は、クリーニングをしてから返却しなくてはならない場合もあるので、
事前にきちんと確認をしておくべきです。
リストを作っておてチェックをすると良いでしょう。

新しい職場で活躍するためにも、今までの職場に敬意を払って、
退職に必要な事柄をすべてクリアしておかなければなりません。
何かしら不備や抜けがあると、新しい仕事の足を引っ張る事態にもなってしまいます。

どんなに転職活動が忙しくても、やるべきことはキチンとやるのが、
転職を行う上でのマナーとも言えます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


看護師転職サイト人気ランキング