看護師に向いている性格とは?自己分析

病気や怪我をして入院をした人にとって、看護師の存在というものは非常に大きいものであるはずです。
精神的にも肉体的にも助けられ、そして支えてくれる看護師に対して、
感謝の気持ちでイッパイだという患者さんは大勢います。

看護師という職業は、大きなやりがいを感じられると共に、
人間の生命に関わる現場で働くという、その責任の重圧に耐えられるような人でなくては務まりません。

覚悟を持って臨まなくてはならず、責任感の有無が重視される仕事であるため、
看護師に向いている性格と、向いていない性格があるということも否めません。

看護師を目指すのであれば、性格的に本当に看護師に向いているのかどうか、
今一度、自分自身をシッカリと見つめ直す必要があります。

では一般的に、どのような人が看護師に向いていると言えるのでしょうか。

まず看護師として最も求められるものは、優しい性格であるといえます。
怪我や病気によって、精神的な不安を抱えている患者さん達と接して、
その不安を取り除いたり、支えになってあげる事は看護師にとって重要な仕事の1つであり、
常に患者さんの気持ちになって物事を考える必要があります。

また、医師と患者さんの間に入って橋渡しをする役割も果たさなくてはならないため、
明るく誰からも好かれるような性格がであることが望ましいです。
誰とでもスグに打ち解けられる社交性も必要です。

さらに看護師とは、不規則な勤務が多いため、
それに耐えられるような体力がなくてはなりません。

当然、医療や看護に関する充分な知識を持っている必要もあり、
進化し続ける医療に対応できるよう、常に勉強をしていかなくてはなりません。
向上心を持ち続け、良い看護ができるよう高い意識を持ち続ける必要があります。

看護師とは、とても大変な仕事ですが、看護の仕事が好きであれば苦には感じないはずです。
これ程にまでやりがいを感じられる仕事は、そうないのではないでしょうか。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


看護師転職サイト人気ランキング