准看護師の具体的な仕事内容をチェック

看護師には正看護師と准看護師があり、共に同じ職場で働いています。
実際の仕事内容にも変わりはなく、
双方ともに、医師による診療や治療の補助としての役割を担っているのですが、
正看護師が自分の判断で看護の仕事を行えるのに対し、
准看護師の場合は、医師や正看護師からの指示がなければ行動することができません。

入院設備の整っている病院の場合であっても、
指示を受けた上で血圧や体温の測定を行い、患者さんの管理が可能となります。
診察や治療の補助的役割を果たしたり、患者さんや家族に対する精神的なケアについても、
指示を受けてから行うようになっているのです。

その他にも、投薬管理や薬に関する説明・患者さんの移送・体位交換など、
さらには入浴や食事、排泄の介助という仕事もあり、
勤務している医療施設によっては、配膳や下膳なども大切な仕事のひとつになっています。
そして、これらはみんな、正看護師の仕事内容と同じです。

正看護師の資格は厚生労働大臣によって免許が与えられる国家資格であるのに対し、
准看護師の場合は、各都道府県による認定資格であり、免許も各知事から与えられます。

昨今の高齢化により、老人ホームや訪問看護施設などを中心に准看護師の求人は多く見かけます。
准看護師の免許を持っていれば、就職に困るというようなことはないかもしれませんが、
実際に行う仕事内容は、正看護師と全く変わりがないのに対し、
准看護師の場合、給与額などの待遇面で見ると正看護師よりも劣ってしまっているというのが現状です。
また、将来的にも昇給していくことは見込まれないため、
准看護師として働きながら、正看護師の国家試験合格を目指すことのできる職場を探してみるのも良いでしょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


看護師転職サイト人気ランキング