看護師の種類って意外にいろいろある!?

一般的に看護師と言っても、その資格には様々な種類が存在します。
看護師、准看護師、認定看護師、専門看護師の4つであり、
それぞれの資格を取得するためにはクリアすべき条件があります。

まず看護師についてですが、看護師は国家資格になります。
高校卒業後に看護専門学校、もしくは短大の看護過程で3年間学ぶか、
または4年生大学の看護過程で学ぶことで、国家試験の受験資格が得られます。
そして、その国家試験に合格をし、厚生労働大臣からの認定を受けて、
初めて看護師国家試験免許が与えられるのです。

准看護師とは各都道府県が認定する資格であり、免許の交付も各都道府県知事になります。
中学卒業後に、准看護師学校、もしくは高校の衛生看護科で学ぶことで受験資格を得られ、
その後に各都道府県で実施されている試験に合格をすれば、
都道府県認定の准看護師免許が交付されます。
准看護師は免許を持つ人は多く、求人数も多いのですが、
実際の現場では、准看護師に権限はありません。
患者さんの処置も自分で判断することは認めれていず、
常に看護師の指示を受ける必要があります。
そのため、昇進昇格の可能性はほとんどないに等しいと言えるでしょう。

認定看護師は必要となる教育過程を学んだ上で、日本看護協会の認定審査に合格する必要があり、
ある特定の看護分野において、高度なスキルを持っていると認められた看護師のことです。
認定看護師の専門分野は多岐に渡り、それだけ活躍の場も多くなっています。
患者および家族を含めたケアや、看護職に対する指導なども行います。

専門看護師は、日本看護師認定試験に合格する必要があり、
ある特定に看護分野において、特に優れた技術および知識を持っている看護師に与えられる資格です。
その水準は非常に高いため、資格取得はかなり難しくなっており、
専門看護師の資格を持つ人の数も少ないのが現状です。
5年ごとに更新の審査を受ける必要があります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


看護師転職サイト人気ランキング