看護師の具体的な仕事内容をチェック

看護師の仕事とは、具体的にどのようなものがあるのでしょうか。

どういった種類の医療施設で働くのかによって、仕事の内容は変わってきますが、
基本的には、医師が行う診察や治療に対する補助としての役割を担うと共に、
患者さんや、その家族への対応が主な仕事となります。
問診や必要な検査、そして薬に関しての説明も仕事のひとつです。

勤務先が入院施設を持つ病院であった場合には、
体温や血圧を測り、その数値を記録・管理して患者さんの状態を把握し、
場合によっては食事の配膳や介助を行います。
さらに、入浴や沐浴・排泄の介助やシーツ交換をを行ったり、
患者さんの移送や各種の訓練補助を行うケースもあります。

在宅医療を取り扱っている勤務先の場合には、
訪問看護などを通して、在宅で療養をする人に対して指導を行います。

医療や介護の現場では、様々な職種の人と関わらなくてはなりません。
医師・保健師・ケアマネージャー・介護士・助産師など、
たくさんの専門職種の人たちと一緒に仕事をすることが必要です。
そして円滑に仕事を行うためには、それぞれの人とコミュニケーションを図ることが重要であり、
これもまた、看護師の仕事の一つだと言えます。

そして、看護師の勤務は不規則であり、勤務先によっては夜勤は必須条件です。
そんな勤務にも耐えられるよう、自身の健康管理も看護師の仕事として必要です。

現代の医療は日々進化しています。
そのような最新医療にも付いていけるよう、常に勉強を続けることも大切です。
自ら率先して研修に参加したり、自己の知識の向上に努め、
看護師としての自覚を持って仕事に臨むことが必要となってきます。
これらも全て、看護師の仕事であると言えるでしょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


看護師転職サイト人気ランキング