専門看護師の具体的な仕事内容を紹介

最もレベルの高い知識と看護の実践により認定される資格が専門看護師であり、
それは看護師資格の頂点とも言えます。

看護師の資格を持ち、特定の専門分野の看護において、
優れた看護の実践を行うことのできる看護師に与えられる資格であり、
一般の看護師では手に負えないような、煩雑で難しい問題にも対応できる力を備えている必要があります。

医療の現場においては、豊富な知識と高水準の技術に基づいて、
患者さんやその家族、および集団に対し、最適な看護を提供します。

医療現場で働く人は医師と看護師だけではありません。
保健師や助産師、介護福祉士といった多種多様な職種の人たちが存在しますが、
専門看護師は、その人たちをまとめ、スムーズに仕事が行えるように調整する役割も果たします。
また、一緒に働くスタッフたちからの相談を受けることも仕事のひとつです。

患者さんや家族、集団の権利を守るために、倫理的な問題や葛藤についての解決をしていくことも求められています。

更に専門看護師は、看護職の教育および、その教育を行なっている人にも、
技術や知識の教育的役割を担います。
もちろん、自分自身の技術や知識の向上をはかるためにも、
実践の場における研究活動を行なっていかなければなりません。

専門看護師には特定されている分野があります。
精神看護、がん看護、地域看護、老人看護、小児看護、母性看護、慢性疾患看護、
急性・重症患者看護、感染症看護、家族支援の10種類です。

専門看護師になるために必要なことは、
看護師・保健師・助産師のいずれかの資格を持っていること、
5年以上の実務経験があり、うち3年間以上は専門看護分野での経験であること、
看護系大学の大学院修士課程を修了していること、
そしてその上で、認定審査に合格しなくてはなりません。
認定審査合格後も、5年ごとに更新の審査を受ける必要があります。

専門看護師は非常にレベルの高い知識と技術を要するため、
現在のところ、日本全国で数百人程度しか存在しないというのが現状です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


看護師転職サイト人気ランキング