看護師の仕事(一日のタイムスケジュールと流れ)

看護師の一日の仕事の流れとは、具体的にはどのようなものでしょうか。
勤務先や、その時々の状況によって内容は異なってくることもありますが、
看護師にとって一般的な職場となる、病棟での一日の流れで見ていきたいと思います。

病棟勤務の場合、24時間ずっと患者さんの対応をする必要があるため、
ほとんどの職場において、2交替制もしくは3交替制の勤務形態を取っています。

ここでは日勤の場合について、ご紹介したいと思います。

朝、出勤をしたら、まず最初に行うことが担当患者のカルテの確認です。
そして夜勤担当だった看護師から、口頭で患者の様子や変化などについての申し送りがあり、
病棟ではここで完全に、夜勤から日勤への勤務交替となります。

午前中に行う仕事としては主に、
患者の検温や血圧測定、必要な場合には点滴や処置、検査などを行います。
手術の予定がある患者がいれば、送り出しもします。
もし自分が手術に立ち会う必要があるのなら、準備の段階から参加をしなくてはなりません。

患者の昼食時間が来ると、食事の介助や服薬指導が必要な人への対応を行います。
また、いつどんな時であっても、ナースコールがあった場合には、その対応も必要です。

午後も過密なスケジュールは続き、検温、血圧測定、点滴などを行いつつ、
会議の予定がある場合には出席をして、医師からの指示を受けることもあります。
看護記録も細かく付けておき、常に患者の状態を管理・把握しておかなければなりません。

更に、入退院患者の対応も大切です。
退院する患者には、服薬指導や退院後の注意点についての説明を行い、
入院してくる患者に対しては、迎え入れて色々な説明をする必要があります。
入院患者は予定されている人の他に、急患で入ってくる人もいるため、
その都度、対処をしなくてはなりません。

交替時間が近くなると、担当患者の状態についての記録を付けて、
夜勤の看護師に申し送りを行います。
これで引継ぎが完了となり、一日の勤務が終わります。

看護師の仕事とは、行うべきことが多い上、
突発的な事態が発生しやすく、計画通りに進まないことが多々あります。
そのような場合には、その都度、臨機応変に対応をしていかなくてはならないため、
看護師には物事への順応性の高さが求められます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


看護師転職サイト人気ランキング