看護師になる方法とは?

看護師の資格とは、保健師助産師看護師法によって定められた国家資格であり、
厚生労働大臣が認可によって得られる資格です。
看護師資格を取得するためには、文部科学大臣指定の学校において必要となる科目を履修した上で、
1年に1回行われている、看護師国家試験に合格をする必要があります。

この看護師国家試験を受験するために必要となる条件には、いくつかの種類があります。

まず1つ目は、4年生大学の看護学科を卒業してから受験をする方法。
これが現在、看護協会がイチバン推奨している方法です。
2つ目に、短期大学の看護学科もしくは専門学校の看護学科において、
必要となる3年間の課程を修了してから受験をする方法。

上記2つのように、大学や専門学校で学んでから受験資格を得る方法ですと、
多彩な分野の学習を経てから社会へ出て行くことができるため、とても理想的なパターンであると言えます。

この他にも、高等学校の中には一部、衛生看護科があるところがあり、
そこを卒業すれば、各都道府県で行われている准看護師試験の受験資格を得られます。
准看護師試験に合格をした上で、短大や専門学校に進むことによって国家試験を受験するための資格を取得することもできます。

また准看護師として働きながら現場で経験を積み、
そこから専門学校へ進んで受験資格を得ることがも可能です。

他には、中学校卒業後に准看護師養成所に入学するというパターンもありますが、
こちらの養成所については、行く行くは廃止されてしまう可能性があります。

看護師国家試験の受験資格を得るためには、以上のようなパターンが存在しますが、
それぞれで、実際に国家試験を受けるられようになる年齢が異なりますので、
各自の状況や将来設計に応じて選んでみると良いでしょう。

看護師の資格は一生ものであり、いちど資格を取ってしまえば生涯に渡って自分の財産となるはずです。
途中、結婚や出産・子育てなどによってブランク期間が生じたとしても、
常に勉強を続けて最新の医学についての知識を学んでおけば、いつでも現場に復帰することができる資格です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


看護師転職サイト人気ランキング