看護師の職場には、どのようなものがあるのでしょう?

看護師の職場として一番多いのは、やはり医療機関でしょう。
しかし医療機関とは言っても、病院やクリニック、診療所など、様々な種類があり、
それぞれで仕事内容は異なります。
入院病棟がある医療機関で働く場合には、入院患者の血圧測定や検温、食事、排泄、入浴などの補助が必要となり、
外来を取り扱う現場の場合には、医師が患者の治療や診療を行う際の補助的役割を果たす事が仕事となります。

総合病院の場合には診療科目も多岐に渡っているため、より専門的な知識や技術が必要とされ、
それに見合った実力を持つ看護師が求められます。

その他に、看護師の職場として最近多くなっているのは、福祉関係施設です。
社会の高齢化に伴い、老人ホームや特別養護老人ホーム、訪問看護ステーションなどのような施設が増えているため、
看護師は、これらのような施設でも必要とされています。
また、看護師の資格保持と同時に、ケアマネージャーや保健師資格を持っている人が、より求められているのです。

他には、身体障害者更生養護施設や在宅の看護支援センターなども、看護師の職場として挙げられます。
住民の健康管理・健康増進・病気予防を目的としている各地域の保健所にとっても看護師は必要な存在です。

また、一般企業や大学などの学校の医務室に勤務する看護師もいます。
そして実は、企業で働く看護師は医務室勤務だけとは限らないのです。
実際に病院での勤務経験がある看護師は、医療機器メーカーや製薬メーカーで求められている人材です。

さらに、海外で活躍の幅を広げている看護師も増えてきています。
日本での看護師の資格、そしてキャリアは発展途上国の医療において非常に重宝されているためです。

世界や社会の、その時々の情勢によって、
看護師の職場の幅は、今後もどんどんと広がっていくはずです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


看護師転職サイト人気ランキング