看護師には夜勤が必要なの?

働く職場にもよりますが看護師という仕事は、一般的に夜勤がある職種だと考えておいて良いでしょう。

特に入院病棟では、24時間体制で患者のケアをしているため、必ず夜勤があると言えます。
他にも、高齢者施設や福祉施設においても夜勤は付きものとなっています。

勤務先によって、それぞれではありますが、主な看護師の勤務体系には、2交替制の場合と3交替制の場合があります。

2交替制の場合は日勤と夜勤に分かれ、
日勤は大体、午前8時半頃から午後5時頃までの勤務。
夜勤は午後4時半頃から翌朝の9時頃までの勤務となっています。

3交替制の場合には、日勤・準夜勤・夜勤に分かれ、日勤は午前8時頃から午後4時45分頃まで、準夜勤は午後4時頃から深夜である午前0時45分頃まで、夜勤の場合には、午前0時頃から翌朝8時45分頃までの勤務となっています。

厚生労働省の勧告により、3交替制の場合には、夜勤は1ヶ月に8回まで、
2交替制の場合では4回までとなっています。
どちらの勤務形態においても交替時間には、15分から45分程度の申し送りの時間が設けられています。

夜勤には、どうしても体力が必要となり、2交替制であった場合には、勤務時間も長くなるため更に大変です。3交替制の場合でも、日勤の後に深夜勤があったりと大変さに変わりはありません。

しかし夜勤には手当てがつくため、その分収入は良くなります。

準夜勤の場合には、1回当たり3,500円~4,000円程度、
深夜勤の場合だと1回当たり4,500円から6,000円程度の金額です。

看護師の勤務形態には身体的な負担が多いため、健康管理には人一倍気を付ける必要があるしょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


看護師転職サイト人気ランキング